ウォッチ銘柄を並べたページへ

『株を始める友人へ』の記事はコチラ

2006年12月05日

ソフトフロントの今後

どうなるんでしょうかね〜?

今日はカブドット夜間でも、マネナイでも盛り上がっていたようですけど、結局また短期お祭りで終わるような悪寒が・・・我がホールド銘柄としては、インドファンドに次いでの長寿。まあライブドアショック後に一旦利確しての買い戻し分なので、アチキは懲りずに暫く付き合って来た銘柄です。

『ソフトフロントのSIPミドルウェアが、パナソニックの
無線LANモジュール搭載IPテレビ電話対応の携帯端末試作機に使用』


個人的には・・・

歓迎しています。
パナソニックもNECもDocomoと組んで、他のベンダーも巻き込みながら、巨額な開発費を浮かそうとしているんですから、以前発表されていたニュース

『ソフトフロントのSIP/PoC技術がNECエレクトロニクスの
platformOViAにおける携帯ビデオトランシーバーソリューションに採用』


とあわせて考えたら、携帯IPTV機能が実装される時には、Docomoの機種全てに基本的に展開されると妄想してしまいますw
ただ、ジャポンの携帯は3Gで世界市場のシェアを回復できると考えていたベンダーが一番の妄想君だったワケで、幾ら日本だけでガンガッテも知れているような気がします。

あくまでも世界標準になるべく展開すべし。

そういう動きもかけているのでしょうが、今までの実績からいくと少々物足りないのも事実。
そういえば、『フラグシップとのSymbian OS対応SIP開発環境の国内独占販売契約解消に関するお知らせ』
なんていう記事が載っていて、確かに販売ルートを拡げることになるプラス材料だったのですが・・・結局決算なんかの数字をみてると、それでもそんなに売上伸びへんのんちゃうん??なんて疑ってみたくもなります。

ず〜〜〜っと、そろそろ収穫期ですよ〜って言い続けている状態だったし。

で、こんな資料もUPされていました。
(ホンマに放置やったんやね〜w)
『「ヘラクレス上場企業 個人投資家向け会社説明会in大阪」株式会社ソフトフロント事業概要説明会』ってのがあって、『数値編』と『戦略編』と二つの資料になっていました。

数値編はともかく・・・見ない方がいい鴨w
キャッシュフローが全てマイナスではカッコつかんなァ〜どんな理由あってもって思うのは置いといて、ターゲット市場の絵が、既にで山の中腹にかかっているような時期になっているのが許せん・・・せめて未だ2分目程度にする絵を作り直して欲しいヨw
NGNのことも力説されていましたが、NGNで評価されそうなのは、より下流でNTTとガップリなIIJの方じゃあないかな?と思いました。

今は受託開発ビジネスで何とか進めていくのはOK。そこでノウハウや今後のテーマを作っていけばいい。ただ、早めにきちんと黒字化を実現するようにお願いするだけです・・・

今週のセミコンにNECエレクトロニクスブースに出展とかないのでしょうか?
アチキは行きたかったのですが、中々そんな暇ありません・・・おまけに来週Pudong空港往復の旅当たっちゃったしね(ToT)

あ〜〜〜ハードな話が待っていそうで、辛いっす。

なので、明日はソフロン&アストマックスダブルストッポで慰めてチョw
posted by ザキオ at 11:50| 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | ポートフォリオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

再アップ続きはこちら
Excerpt: 再アップ続きはこちら
Weblog: 再アップ続きはこちら
Tracked: 2006-12-06 15:10
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。