ウォッチ銘柄を並べたページへ

『株を始める友人へ』の記事はコチラ

2007年03月13日

電機浮上す!

今週号の週刊東洋経済のこんな見出しに、つい買ってしまいました。
電気機器に分類されている企業の内、売上300億以上で必要なデータの揃う会社166社が載っていました。

勿論、東洋経済だけあって、15日発売の四季報数値を元にしている様子。

で、わざわざ何でこれを記事にしたかというと・・・

・・・

愛知電機がランキングに!!

載っていたんですね〜

・・・ってか、単に166社に入る要件を満たしていただけってとこでしょうけどw

その内容は・・・

55位
売上高営業利益率改善度 1.02ポイント
ROA改善度      0.94ポイント
D/Eレシオ改善度  ▲0.10ポイント
設備投資伸び率     89.7ポイント
研究開発費伸び率   ▲1.6ポイント
売上高伸び率      17.9ポイント
で、復活度73.2点ということでした。
ちなみに、1位は120点満点の大日本スクリーン、2位イビデン、3位安川電機って感じです。
55位という数字自体は、ビミョ〜な感じがしなくもない。
前後賞はキョウデンとTDKといった、アチキも付き合いのしたことある会社というのが、何となく切ない順位でした。

四季報で愛知電機はどうなっているのでしょうか?
まあ、そんなに大したコメントは載っていないと思いますけど、来期の数字も堅いところになってそうな気がします。
子会社の新工場がどんな立ち上がりになるのか?が、来期数字の算出において肝心なところになるとは思いますが、あまり期待せずに待つことにします。
上に挙げた数字の中では、研究開発費が減っている点で順位を落としてしまったようですが、その他の数値だけで見てみると結構上位に入ってきそうです。

最近はそれなりに下値を切り上げているので、どっかで爆発しないかが楽しみです。

業績はいい筈なんですけどね・・・

ちなみに、この『電機浮上す!』という東洋経済の号は、エレクトロニクス業界の方、もしくはそういった会社に投資したいという方には、日本のエレキのキーアイテムについて判り易く書いているのでお薦めです。

そういえば四季報を定期購読している方には、明日早速春号のCDROMが届くんですよね。
個別に買われる銘柄が出てくるか、楽しみです。

posted by ザキオ at 23:15| 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | ポートフォリオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35892007
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

キョウデン
Excerpt: LTD.)は、プリント基板の設計・製造などを手掛ける会社であり、キョウデングループ(KDG)の統括会社。沿革*1983年7月 - 株式会社キョウデンを設立。*2000年7月 - 株式会社キョウデンプ..
Weblog: さくらの日記
Tracked: 2007-10-13 12:12
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。